益虫は「ただの虫」ではない!! 虫が苦手なママも一緒に楽しめるサイト

カイコの動きが止まる「眠」の見分け方

益虫の代表格、カイコの不思議。

\ぐんま昆虫の森のカイコの「眠」ツイートからリサーチ!/

カイコの幼虫がクワを食べるのをやめて動かなくなる状態を「」といいます。

「みん」と読みますが、寝ているわけではありません。

どうしたのかな、何をしているのかなと、いじり回すと脱皮不良になってしまいます。

脱皮に失敗して死んでしまうこともあるので触らずに見守りましょう!

この、「眠」の見分け方についてまとめました。

眠の見分け方はカイコの体勢

カイコの眠

眠の状態では、上半身を上げて動きが止まります。

動きは止まりますが、体内では活発に代謝をしています。休眠とは関係がありません。

上半身を上げて、ジッと動いていなければ、「眠」の状態ですね。

カイコは4回の眠を行う

カイコの孵化から熟蚕までの図解
カイコの孵化から熟蚕までの流れ【引用:一般財団法人大日本蚕糸会】

カイコの幼虫は、クワを食べて繭(まゆ)を作る益虫。

しかし、クワの葉を食べなくなり動かなくなることが4回あります。

これが、「眠」ですね。

どうして動かなくなるのでしょう?

それは、脱皮の準備をするため

脱皮の半日前くらいからクワを食べるのをやめ、「眠」の状態に。

幼虫は約1ヶ月の間、クワを食べて脱皮を繰り返します。

普通、4回の眠を行い、1回の眠は約24時間続きます。

遺伝や環境条件に左右され、眠が3回または5回のことも。繰り返し脱皮をして、大きく成長していきます。

幼虫の成長過程

カイコの幼虫
クワの葉をよく食べるカイコの幼虫

幼虫の過程を「」(れい)で表し、1齢から5齢まで成長していきます。

とにかく食べるカイコの幼虫

▼カイコの幼虫は脱皮を繰り返します▼
  • 1齢
    時期:約3日

    からだは黒色で全身に毛が生えている

    1眠 約1日動かなくなり、脱皮の準備→脱皮

  • 2齢
    時期:約3日

    脱皮後、黒っぽい感じのカイコになる

    2眠 約1日動かなくなり、脱皮の準備→脱皮

  • 3齢
    時期:約3日

    3齢になると頭のかたちがはっきりしてくる

    からだの色は徐々に白くなってくる

    3眠 約1日動かなくなり、脱皮の準備→脱皮

  • 4齢
    時期:約4日~6日

    4齢になると体長も長くなり、食欲も旺盛

    4眠 約1日~1.5日動かなくなり、脱皮の準備→脱皮

  • 5齢
    (終齢)
    時期:約8日

    5齢になって3日目くらいになると、さらにエサの量が増える

    モリモリとたくさん食べ、太ってくる

    熟蚕(じゅくさん)へ

カイコの幼虫が生涯食べるエサの量は約9割を5齢の時期にモリモリ食べます。

熟蚕になるとエサを食べなくなる

カイコの幼虫

5齢になって6~7日くらいからエサを食べる量が減り、糸を吐く準備ができます。からだが黄色く透き通ったようになり、少し小さくなります。

エサを食べなくなる、この時期を「熟蚕」(じゅくさん)と呼びます。

【最後に】成虫カイコガの不思議

成虫のカイコガ

カイコは、繭(まゆ)を作ってから10~15日かけて繭の中で【脱皮→サナギ→成虫】に変態します。

サナギのカラをやぶって羽化したカイコガは、口からアルカリ性の酵素を出して繭を溶かし軟らかくして外に出てきます。

カイコガは短い寿命

幼虫を「カイコ」、成虫を「カイコガ」と呼びます。

カイコの成虫は、エサを食べません。5日前後の寿命です。

成虫は羽があっても退化していて飛べません。

交尾・産卵するだけの成虫

半日くらいで約400~500粒の卵を産みます。

受精した卵は、2日くらいで褐色に変化し、受精しなかった卵は黄色のまま。

産卵を済ませたカイコガは短い一生を終え、次の子孫に託します。

カイコはすばらしい益虫

糸をひくカイコの幼虫

クワを食べ、絹を作りだす不思議な昆虫

ほかの昆虫と違い、人の手をかけてあげないと生きていきられない家畜化された珍しい昆虫。

そんなカイコをぐんま昆虫の森では見ることができます

会いに行ってみたくなりますね。

追記

参考文献:東京農工大学農学部生物生産学科蚕学研究室,”幼虫”

参考文献:一般財団法人大日本蚕糸会,”カイコを育てよう”

タイトルとURLをコピーしました