【全投稿一覧はココをクリック】虫好きな子と虫が苦手ママも一緒に楽しめる
▶ブログ記事一覧

【身近な隠れ昆虫の観察】擬態するのはなぜ?目立ちたがり屋vs目立ちたくない虫

筆者:ベビプラ

昆虫の擬態はおもしろい発見があり、つい虫探しをしたくなるんですよね。

中には、目立ちたい昆虫と目立ちたくない昆虫がいます。ともに、自分の身を守るために擬態しています。

多くの昆虫は、目立ちたくないはずです。天敵に見つからないために身を隠そうとしていますが、そんな中、あえて目立って自分の身を守ろうとしている昆虫もいます。

なぜ、あえて目立とうとするのでしょう?

ここではどんなカモフラージュの達人、擬態昆虫がいるか、ご紹介します。

身近にいる「隠れ昆虫」を探してみよう!

スポンサーリンク

目立ちたくない昆虫(隠蔽的擬態)

オンブバッタ

目立ちたくない昆虫には、捕獲するか・されないかの 2パターンあります。

  1. 天敵から身を守る
  2. 獲物に気づかれないようにする

1.捕獲されたくない昆虫

ナナフシモドキ

自分の姿を周りの環境に似せて紛れ込むことで天敵に自分の存在がわからないように擬態しています。

食べられないように隠れる・息をひそめている虫は、身を守るために目立ちたくないですよね。

  • 草に擬態するバッタ
  • 枝に擬態するナナフシ
  • 葉に擬態するコノハムシ

など。

植物の一部になりきるので同種の昆虫でも茶褐色や緑色など環境に応じて色が変わり、目立たないように色や行動でカモフラージュしています。

2.捕獲したい昆虫

カマキリ

攻撃する側の昆虫が獲物に自分の存在がわからないように擬態しています。これは捕獲されたくない昆虫と同じで環境に似せて紛れ込んで待ち伏せしています。

草・花びら・枯れ葉などに擬態するカマキリ

など。

代表的な昆虫は、カマキリですね。バッタやちょうちょを捕まえようと身をひそめています。

そんなカマキリもカラスなどの野鳥やクモ、スズメバチなどの天敵に見つからないように擬態してカモフラージュしています。

昆虫以外にもカエルやクモなども捕獲のためにカモフラージュしているのです。

食べられないように身を隠すだけでなく、捕獲するために身を隠すというわけですね。

目立ちたい虫(標識的擬態)

標識的擬態とは、捕食されやすい生物が警戒色などの姿の生物に似せて自分は危険だ、とアピールをすることです。

毒や不快な味の生物になりきることで狙われにくいため、あえて目立とうとします。

  • スズメバチになりすますトラフカミキリ
  • ベニボタルになりすますコケガ
  • てんとうむしになりすますテントウムシダマシ・キボシマルウンカ

*テントウムシダマシ:「オオニジュウヤホシテントウ」など。

隠れるというより、あえて姿を見せてだまし、身を守る擬態です。

擬態の比較

てんとうむしの「さなぎ」。ブロックのコンクリートになじんでいるように感じます。

右側にてんとうむしの成虫が目立っています。パッとみたとき、さなぎよりてんとうむしの成虫に目がいきます。目立っているてんとうむし成虫、目立ちたくないさなぎ。

成虫・さなぎ・たまご、それぞれの時期によって目立ちたくない場合は、目立たないところに存在しています。

スズメバチやてんとうむしのように自ら危険だから近づかないで!と警告色などの姿で目立つ昆虫もいます。天敵に「手を出してはいけない相手」だと知らせるのが目的です。

隠蔽的擬態標識的擬態
受け身・まもり攻め・強気
目立ちたくない目立ちたい
植物など環境の一部になりきる警告色などの生物にマネる

警告色などの姿をして自分は危険だ、というアピールをして目立たせる標識的擬態は、隠れる隠蔽的擬態とは対照的ですね。

化学擬態する虫も

化学擬態とは、におい成分を出すことでほかの生物に擬態し、天敵から身を守ることです。

フェロモンなどの化学物質をつかってアリの巣を利用する昆虫もいます。

アリやシロアリは目はほとんど見えないため、感触やにおいで助け合っています。アリなどのにおいをマネることで巣の中で快適に忍び込んで生きています。

  • アリヅカコオロギ
  • ヒゲブトオサムシ
  • シロアリノミバエ

など。

カモフラージュの達人たち

\河川敷の流木に擬態している虫はどれ?/

▶正解:大きな流木の下にいるのが「イボバッタ」と呼ばれるバッタでした。

\小枝に擬態している虫はどれ?/

▶正解:画面右から2番目にいるのが小枝になりきる「バフチップ」と呼ばれるシャチホコガ科の蛾でした。

\日本にも小枝に擬態する昆虫/

【参考文献】ほかの擬態昆虫を見る

「擬態している昆虫」

「昆虫のものまね」

身近な隠れ昆虫を探してみよう

▲動画:むしらぶろぐ「【12種】虫の「こんなところにいる・・」を集めてみた【動画・写真】」」より

虫の天敵、鳥は、視覚で空から見つけてきます。目立たないように姿をだましておくことで天敵から見つけにくくさせています。

私たち人間も、そこにいるとわかっていてもなかなか見つけられないことが多く、擬態昆虫はおもしろいですよね。

カマキリやナナフシが風に揺れる草や枝となじむようにからだを微妙に揺らしたりするのもおもしろい昆虫の行動のひとつです。

身近にいる擬態昆虫、なかなか探すのがむずかしいですが隠れている昆虫を子供と一緒に探してみましょう!見つけたときは、きっと盛りあがりますよ。

「カマキリ」を観察

▲動画:むしらぶろぐ「 カマキリ見つけた!なぜそこにいる?ゆらゆら揺れながら歩く 」より

「ナナフシ」を観察

▲動画:むしらぶろぐ「 野生のナナフシを初めて発見!捕まえて昆虫観察!餌をモリモリ食べる姿がかわいい 」より

管理人
この記事を書いたのは私です
ベビプラ

ご訪問ありがとうございます!

息子の虫好きに影響され、一緒になって虫取り・虫観察・虫遊びをしています。
楽しく虫ライフ中♪

プロフィール詳細 >

■■■■■■■■■■■■■

入学グッズ専門店「ベビープラスマイル」を運営。
*自然と昆虫が好きな男の子・女の子に喜んでほしいという想いで「森と虫たち」をテーマに昆虫柄を中心に入学グッズを製造・販売中!
---
【公式オンラインSHOP】
入学グッズ専門店
ベビープラスマイル公式サイト→★
---
お問い合わせはこちら→★

ベビプラをフォローする
スポンサーリンク
ベビプラをフォローする
むしらぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました